製造業のDX、「技術」だけではなく「サービス」で競い合う?!
「中国版テスラ」と称されるNIO(ニーオ)を大解剖!その成功の鍵を探る

NIOは2014年に中国で設立された電気自動車(EV)メーカーです。EVに特化した事業展開により、創業からわずか4年足らずで量産車の開発・納車を達成。またニューヨーク証券取引所上場を成し遂げ、2021年4月現在、生産台数は10万台以上となるなど、その急成長から「中国版テスラ」とも呼ばれています。
しかし、NIOは単なる自動車メーカーではありません。ユーザー中心企業であることを目指したNIOは、高性能なEV自動車と共に、優れたサービスを提供することで快適なライフスタイルを形作り、顧客に終身サービスを提供する等、単にクルマを販売するだけではなく、企業と顧客との新しい関係を生み出してきました。そこから従来のカーメーカーとは全く違う仕組み・サービスが創出され、この急成長を支えているのです。
そんな注目度の高いNIOに関して、IngDanアカデミー編集長NieがNIOを大解剖し、わずか数年で中国車種別EV販売台数ランキング第4位まで昇りつめたその成功の鍵について解説した動画を2本に分けてご紹介します。

概要Outline

テーマ
  • 製造業のDX、「技術」だけではなく「サービス」で競い合う?!
  • 「中国版テスラ」と称される
  • NIO(ニーオ)を大解剖!その成功の鍵を探る
対象
  • 中国自動車業界の最新情報を知りたい方
  • 中国でのビジネスを行っている方、検討している方
  • 海外のスタートアップ企業の取り組みにご関心のある方
費用 5,000円(税込) 無料(時間限定)
プログラム
  1. 第1話
         1、NIOの会社概要
         ~ 創業からたった4年で10万台納車を達成!
               中国新興電気自動車メーカー ~
         2、NIO Power
          ~ バッテリーの充電だけでなく、交換・アップグレードも可能 ~
  2. 第2話
         3、NIO SERVICE
          ~ 自動車業界の新時代を切り開く ~
         4、NIOコミュニティ
          ~ 車が起点だが、車だけではない ~

登壇者プロフィールProfile

聶 宏静
IngDanアカデミー編集長
2011年に広東外語外貿大学日本語学科卒業。
広州の東風日産を経て、広東外語外貿大学院へ進学。その後、電通を経て、日本企業の深セン視察ツアーで、同時通訳として、さまざまなスタートアップや起業事例に触れる機会に恵まれた。深センの創新創業のパワーに感動して、深センに進出。深セン現地の産官学ネットワークを開拓すると共に、同時通訳の資格を生かして、深センの企業と日本企業をつなぐ懸け橋として活動してきた。
2019年に株式会社IngDan Japanに入社。深センを拠点に、中国パートナー企業の開拓・関係強化、調査やリサーチ、最新DX情報の発信、IngDanアカデミーなどを担当し、現在に至る。

視聴方法How to Watch

無料会員登録をすると、本コースを受講できます!
メールアドレスとお名前、ご希望のパスワードのみで登録できますので、
まずはお気軽にお申込みください。

IngDanアカデミーが発信する各種動画をご視聴いただけます。
※無料会員登録をしていただきますと、過去のアーカイブ動画もご視聴
いただけます。
IngDanアカデミーについてのご質問、ご相談などお気軽に
お問い合わせください。
IngDanアカデミーの最新情報や深センの最新DX事例など、
楽しくて役に立つ情報をお届けいたします。