DXケーススタディ

表示: 1 - 4 of 4 結果

今、中国で若者が注目する『劇本殺(マーダーミステリー)』とは?

2021年上半期、中国の消費者に好まれる娯楽の人気ランキングで、劇本殺は映画鑑賞とスポーツに次いで、なんと三位にランクインしました。人狼ゲーム、三国殺などのボードゲームの普及もあり、劇本殺は早くも若者たちの注目を集め、一躍、中国において主流の娯楽となったのです。さらに劇本殺のRPG(ロールプレイングゲーム)と最新技術による圧倒的な没入感の楽しさは、驚きの体験として、SNSなど口コミで広がり、多くの人々を魅了しています。

そんな中国の若者たちの間で大人気の『劇本殺(マーダーミステリー)』に関して、IngDanアカデミー編集長Nieが詳細内容ご紹介します。

概要Outline

テーマ
  • 今、中国で若者が注目する『劇本殺(マーダーミステリー)』とは?
  • 市場規模100億元を超える新しいスタイルの娯楽を探る!
対象
  • 中国withコロナの消費動向を知りたい方
  • 中国新興業界のビジネスモデルを知りたい方
  • 中国でのビジネスを行っている方、検討している方
  • 海外のスタートアップ企業の取り組みにご関心のある方
費用 5,000円(税込) 無料(時間限定)
プログラム
  1. ◇劇本殺とは?

     

  2. ◇中国における劇本殺の進化

     

  3. ◇劇本殺の将来について

登壇者プロフィールProfile

聶 宏静
IngDanアカデミー編集長
2011年に広東外語外貿大学日本語学科卒業。
広州の東風日産を経て、広東外語外貿大学院へ進学。その後、電通を経て、日本企業の深セン視察ツアーで、同時通訳として、さまざまなスタートアップや起業事例に触れる機会に恵まれた。深センの創新創業のパワーに感動して、深センに進出。深セン現地の産官学ネットワークを開拓すると共に、同時通訳の資格を生かして、深センの企業と日本企業をつなぐ懸け橋として活動してきた。
2019年に株式会社IngDan Japanに入社。深センを拠点に、中国パートナー企業の開拓・関係強化、調査やリサーチ、最新DX情報の発信、IngDanアカデミーなどを担当し、現在に至る。

視聴方法How to Watch

無料会員登録をすると、本コースを受講できます!
メールアドレスとお名前、ご希望のパスワードのみで登録できますので、
まずはお気軽にお申込みください。

中国版テスラ、NIOが開拓した「ユーザー中心」のビジネスモデルとは?

5月21日に実施したIngDanアカデミー公開授業では、リアル会場とオンライン視聴を同時に開催し、オンラインでは、定員をはるかに超えた620名、そして、深センのリアル会場では、約20名の方々に参加いただき、中国テスラと称されるNIOのNIO House(ユーザーラウンジ)をバーチャル訪問しました。
公開授業では、自動車業界エキスパートである徐 靚(じょ・せい)氏が登壇し、「創設者 李 斌(William Li )の経歴と「蔚来(NIO)」 について」をテーマにしたスピーチをして頂き、創始者のマルチな経歴、アプリやラウンジなどによるロイヤリティ醸成の手法、NIOとテスラとの比較、社会学の視点から構想されたNIOコミュニティなど、幅広い視点からNIOのビジネスを構築する背景を解析し、その成功要因を分析し解説されました。
徐 靚氏のご講演はたいへん好評で、当日の質疑応答は白熱したものになりました。徐 靚氏の講演の様子は7月20日から毎週火曜日3回のシリーズでアーカイブ配信いたします。

概要Outline

テーマ
  • 中国版テスラ、NIOが開拓した「ユーザー中心」のビジネスモデルとは?
  • 創業者 李斌(William Li)氏の経歴からその成功の鍵を探る!
対象
  • 中国自動車業界の最新情報を知りたい方
  • 中国でのビジネスを行っている方、検討している方
  • 海外のスタートアップ企業の取り組みにご関心のある方
費用 5,000円(税込) 無料(時間限定)
プログラム
  1. 7月20日(火)配信中
    Part1  「創始者の李斌氏こそが車作りに一番適している人物」(07:29)
    李斌氏の起業経歴とそれらの会社
    中国でのEV1.0時代とは
    NIO起業時のニューリテールのノウハウ活用

     

  2. 7月27日(火)配信中
    Part2  「NIOのフルバリューチェーンとビジネスモデル」(10:47)
    中国で新規EV企業が成功する三要素
    中国EV2.0時代におけるNIOのフルバリューチェーン
    NIOの革新的なビジネスモデル

     

  3. 8月3日(火)配信中
    Part3 「ユーザー中心の企業とは」(14:47)
    NIOとテスラとの比較
    NIOのバッテリー交換サービス
    BaaS(Bettery as a Service)
    UX(ユーザーエクスペリエンス)最重要視
    NIOコミュニティとダブルポイント制度

登壇者プロフィールProfile

徐 靚
拾珍科技(深セン)有限公司 高級顧問
中国大手カーメーカーの若手経営層として、自動車業界にて長年の経験を持ち、マーケティングとブランディングに精通しています。日系大手カーメーカー本社にて軽自動車のセールス&マーケティングを担当した経歴があります。現在は北京大学のビジネススクールに入学し、MBA(経営学修士)の学位を取得予定です。

視聴方法How to Watch

無料会員登録をすると、本コースを受講できます!
メールアドレスとお名前、ご希望のパスワードのみで登録できますので、
まずはお気軽にお申込みください。

製造業のDX、「技術」だけではなく「サービス」で競い合う?!

NIOは2014年に中国で設立された電気自動車(EV)メーカーです。EVに特化した事業展開により、創業からわずか4年足らずで量産車の開発・納車を達成。またニューヨーク証券取引所上場を成し遂げ、2021年4月現在、生産台数は10万台以上となるなど、その急成長から「中国版テスラ」とも呼ばれています。
しかし、NIOは単なる自動車メーカーではありません。ユーザー中心企業であることを目指したNIOは、高性能なEV自動車と共に、優れたサービスを提供することで快適なライフスタイルを形作り、顧客に終身サービスを提供する等、単にクルマを販売するだけではなく、企業と顧客との新しい関係を生み出してきました。そこから従来のカーメーカーとは全く違う仕組み・サービスが創出され、この急成長を支えているのです。
そんな注目度の高いNIOに関して、IngDanアカデミー編集長NieがNIOを大解剖し、わずか数年で中国車種別EV販売台数ランキング第4位まで昇りつめたその成功の鍵について解説した動画を2本に分けてご紹介します。

概要Outline

テーマ
  • 製造業のDX、「技術」だけではなく「サービス」で競い合う?!
  • 「中国版テスラ」と称される
  • NIO(ニーオ)を大解剖!その成功の鍵を探る
対象
  • 中国自動車業界の最新情報を知りたい方
  • 中国でのビジネスを行っている方、検討している方
  • 海外のスタートアップ企業の取り組みにご関心のある方
費用 5,000円(税込) 無料(時間限定)
プログラム
  1. 第1話
         1、NIOの会社概要
         ~ 創業からたった4年で10万台納車を達成!
               中国新興電気自動車メーカー ~
         2、NIO Power
          ~ バッテリーの充電だけでなく、交換・アップグレードも可能 ~
  2. 第2話
         3、NIO SERVICE
          ~ 自動車業界の新時代を切り開く ~
         4、NIOコミュニティ
          ~ 車が起点だが、車だけではない ~

登壇者プロフィールProfile

聶 宏静
IngDanアカデミー編集長
2011年に広東外語外貿大学日本語学科卒業。
広州の東風日産を経て、広東外語外貿大学院へ進学。その後、電通を経て、日本企業の深セン視察ツアーで、同時通訳として、さまざまなスタートアップや起業事例に触れる機会に恵まれた。深センの創新創業のパワーに感動して、深センに進出。深セン現地の産官学ネットワークを開拓すると共に、同時通訳の資格を生かして、深センの企業と日本企業をつなぐ懸け橋として活動してきた。
2019年に株式会社IngDan Japanに入社。深センを拠点に、中国パートナー企業の開拓・関係強化、調査やリサーチ、最新DX情報の発信、IngDanアカデミーなどを担当し、現在に至る。

視聴方法How to Watch

無料会員登録をすると、本コースを受講できます!
メールアドレスとお名前、ご希望のパスワードのみで登録できますので、
まずはお気軽にお申込みください。

中国のスマートシティ事情

ここ数年で「スマートシティ」のキーワードをいっきに聞くようになり、日系企業もスマートシティを想定した新規事業や商品開発を進めています。一方で中国ではスマートシティのプロジェクトが各地で盛んに実施され、実用化が進んでいます。中国と日本のスマートシティプロジェクトとの最も大きな違いは、その規模の大きさと全体に流れるアーキテクチャの差だと言われています。
大規模な開発を推し進め、成功に導いてきたその概念と手法について、ファーウェイにて中国深セン、蘇州、蘭州など10都市以上のスマートシティプロジェクトを手がけてこられた徐 国宇 氏に解説いただきます。

概要Outline

テーマ 中国のスマートシティ事情
対象
  • 中国・スマートシティ最新情報を知りたい方
  • 中国・スマートシティの日本への影響について知りたい方
  • スマートシティビジネスに関心のある方
費用 3,000円(税込)無料(時間限定)
プログラム
  1. 中国におけるスマートシティの4階層構造
  2. 中国全土における標準
  3. 地方におけるスマートシティの独自性
  4. 中国におけるスマートシティ推進の流れ
  5. スマートシティのプレイヤー
  6. 事例:深圳のスマート交通
  7. 事例:IOC
  8. 事例:Withコロナ時代の対応策
  9. スマートシティへの事業参入に向けて

登壇者プロフィールProfile

徐 国宇
IngDanJapan 高級顧問
2000年にHUAWEIに入社し、企業BG業界Marketingとソリューション部副総裁、OpenLab 創始者などを歴任し、スマートシティ、スマートキャンパス、スマート交通向けのDXの構造作り・標準作り及びその展開を担当し、深セン、蘇州、蘭州など10都市強のスマートシティプロジェクトを手がけていた。2020年より株式会社IngDanJapan高級顧問に就任し、現在に至る。

視聴方法How to Watch

無料会員登録をすると、本コースを受講できます!
メールアドレスとお名前、ご希望のパスワードのみで登録できますので、
まずはお気軽にお申込みください。

IngDanアカデミーが発信する各種動画をご視聴いただけます。
※無料会員登録をしていただきますと、過去のアーカイブ動画もご視聴
いただけます。
IngDanアカデミーについてのご質問、ご相談などお気軽に
お問い合わせください。
IngDanアカデミーの最新情報や深センの最新DX事例など、
楽しくて役に立つ情報をお届けいたします。