用語集

IoT

読み方
英 語
あいおーてぃー
IoT(Internet of Thingsの略称)

解説

コンピュータ等の通信機器ではない、自動車や家電などの従来インターネット接続とは無関係であった「モノ」をインターネットのネットワークに接続することで、情報交換を行ったり環境や状況の確認、操作・対話するなどの活用により利便性の向上が目指せる。イギリスの技術者であるケビン・アシュトンが1999年に「Internet of Things」という表現をしたことが始まり。身近な活用例としては自動運転技術や、ドア開閉状況データ確認による見守り・介護、首輪に取り付けたセンサーによる留守中のペットのモニタリングなど多岐に渡る。

使用例

宿泊先のドア開閉が鍵不要でスマートフォンで対応できるなど、IoTは様々な業界で浸透してきている。

関連語

  • 5G





監修者プロフィール
数年前、アジアのシリコンバレーと呼ばれる深センでは、日本企業が深セン企業を視察するブームが起こっていました。その時、私は同時通訳として、日本企業視察団の人たちと一緒に様々なスタートアップや起業事例に触れる機会に恵まれました。大手日系企業で働く中で、数々の企業の創新創業のパワーに感動して、深センに進出。現在は、IngDanアカデミー編集長として、深センを拠点に、中国パートナー企業の開拓・関係強化、調査やリサーチ、最新DX情報の発信を行っています。

聂 宏静(Nie Hongjing)
IngDanアカデミー編集長

その他の用語

用語一覧に戻る
IngDanアカデミーが発信する各種動画をご視聴いただけます。
※無料会員登録をしていただきますと、過去のアーカイブ動画もご視聴
いただけます。
IngDanアカデミーについてのご質問、ご相談などお気軽に
お問い合わせください。
IngDanアカデミーの最新情報や深センの最新DX事例など、
楽しくて役に立つ情報をお届けいたします。